忍者ブログ
玩具好きのチラシの裏
[1] [2] [3] [4] [5]

ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション

取り敢えずお試し価格の1巻は例によって買う訳だが・・ITCじゃなくてジェリー・アンダーソンなんだなあ・・めぼしいUFOのエピソード分だけは買うかも知れないけど。。

何時からか入ったシリーズ広告はタイトル再生呼び出して飛ばせる様だが、、再生後の広告自動再生はウザ(オイオイ。<音声レベルが多少異なるのが問題≪オリジナル(英語)の音声レベルと広告が同じ位で吹き替えは多少小さい
興味のある人はファイル分広告で十分過ぎると思うのだがなあ。。

ただパッケージ分けたせいもあるのだろうけど・・以前に比べると多少割高感も感じないでもない('c_`;)
PR
DVD

どこぞのポイント消費目的でめぼしいいDVDを探していて、ブックマークを付けたまでは良かったが次の朝には予約完売('A`)

結局アマを使わざるを得ない状況になってポイントはユニコ2に・・まあ金が無いので1・2巻だけ(3巻以降は要らん説も<オイオイ)
年を経るとひたすらに哀しいのう・・多少長く生き過ぎたのかも知れない。。
自分にとっての青春映画だと思ってもいたのだが、、1983年公開・・そうか、兄を亡くした黒の時代の映画だったのか。。

クラスメイト達がパンフレットを見て映画の事を語り合っていた記憶はあったが・・自分がそれを映画館で見たのは、リアルタイムではなく新聞屋チケットでの池袋文芸座だったのだよな。。

こうなるともう一つの自分的青春映画の台風クラブも・・やはり買うべきなのだろうなあ。。

期間限定だからか・・値下げになってるよorz
御冥福をお祈りいたします。


私が所有しているのは「BU-SU」と「つぐみ」のみだが・・実は「つぐみ」が市川準監督の作品である事はすっかり忘れていた('c_`;)

‥で「BU-SU」の方であるが、これを買ったきっかけは何だったのだろう??「さびしんぼう」から富田靖子の作品を見たくなったのだろうか?・・いや違う気がする。恐らくはテレビで紹介された1シーンのカメラアングルが自分が普段世界を眺める時の視点に非常に近い事に感激して買ってみたのだと思う。
しかし、その私の好きなカメラアングルが映画批評ではいかにもCMっぽくて云々・・と評されていた様な劣化記憶もあり・・同監督映画デビュー作にも関わらずDVDが発売されてないのは、あるいはその辺が理由なのだろうか。。

内容的には、私は好きだが(基本的にマイナーな邦画が好き)他人に薦めるほどの潜在的需要があるとも思えなくはある。。
ただ私には、同世代の高島(兄)政宏氏が出ている事もあって青春映画の一つとしても記憶には残っている。。

で「つぐみ」の方だが・・こちらは買った理由は明白だ。牧瀬里穂その人のあの・・ともすればトンチンカン・・ともすればスットンキョウ。。な独特な演技をもっとみたいと思ったからだ。

しかし「つぐみ」自体は何であろう・・何度か観てはいるのだが全く印象に残らない。。
印象に残るのは中嶋朋子の出てくる導入部分ばかりで('c_`;)

ちなみに牧瀬嬢の演技に取り憑かれたのは故・相米慎二監督の「東京上空いらっしゃいませ」であった。

思えばLDからDVDへの推移と共に映画ソフトを買わなくなったのだろうかなあ。。
・・せめて気持ちだけでも前のめりで死にたいナリ。。

そんな訳で、何時の日か自己出版用の貯金から10万円程切り崩して・・モチベーションアップ用の投資をする事にした。。
・・と言うよりも、このままでは漫画を再び描ける様な環境になる頃にはもう私の手が既に動かない状況になりかねないので・・今、金を投じて一歩でも前に進もうとしなければある意味預貯金は本当の無駄金に終わってしまう('c_`;)

買ったのはミラーマンのDVD-BOXⅠとボルテスのBGMと未だに初回限定版があったのか・・な「七つの海を渡る風のように」
何やら人口ブラックホールの記事が載ってた。
・・ああ。遂にロミュランのウォーバードの技術が開発されるのか・・などと思いつつ。。

そう言えば、スタートレックについてメモろうと思っていた事があったのでメモって置く。
テレビが未だ壊れたまま・・隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクションDVDの音だけを聞いていたのだが・・そう言えばTNG~VGRでの宇宙船内の描写は妙に狭苦しい印象がある。。

TOSでは数多の部屋を異星人あるいはモンスターと追っかけっこしたりしてたし・・それでなくとも非常に多くの住人(?)が出て来た様な・・・・ウロ覚え<うろ覚えカヨ!

それに比べるとTNG~VGRもセットは出てくるのだが位置関係が分りにくくかつ非常に狭い印象がある・・DS9ですら。。
これはモンスターとの追いかけっこ描写が少なかった事もあるのだろうが・・つまりはホロデッキに舞台を持っていかれてしまった部分がやはり大きいのだろうと思わないでもない(あるいは単純にワープ技術が進化した為に・・長旅である事を印象付けるエピソードが必要なかったのかも知れないが)

やはりTOSの未知なる探索へのワクワク感は自分的には印象深かったのだなあ。。
メモしておいた方がいいな。
大手日雇い派遣会社で、仕事を得ながら労組の役員を務めるAさん(42)
NNN ドキュメント’07
ミクシィもやっておられた方の様ですが・・もうすぐワタスも42の同世代ナカーマ。。
・・40を超えると派遣の仕事も来なくなり、尚且つその容姿と・・喋り方を閻魔帳の如く会社側にランク評価されてしまう・・とかいった内容でそのやるせない結末と共に同系列の悪びれないネットカフェ難民ドキュメンタリーとは一線を画す内容でスた。。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
スペース・複合ワード無効
該当ワード部分(キッチリ同じ)のみ 有効です。
検索ショートカット
玩具
ドラコマグネットドラコん
フィストエイリアンフィストん
ディノブレイカーディノん
ぎゃるトイぎゃるトイ

CGメモ
プロフィール
HN:
たりしを
性別:
男性
最新記事
カウンター
アクセス解析
バーコード
自分用ショートカット